自由とは己の行動力で無限に広がる可能性。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20111023]
ついに完結しました。


実況内容が酷いのはいつもの事なんですが、今回は途中に謎のノイズ音が
はしってしまっています。エンコを失敗してしまったようです。
音量にはお気をつけください。お手数お掛けして申し訳ないです。

水飴様の世界感とユニークなキャラクター達に魅了されてしまい、
気付けばコンプリートしていました。システムが斬新でいて
シンプルさを併せもつ、個人的にとても好みなスタイルです。
欲を言うと新要素を1つか2つ盛り込むことでよりいっそう
映えることだと思います。
評論家きどりみたいで生意気ですが、どうしても書かずには
いられませんでした。現在、水飴様は一本道迷宮の修正と
新ゲームの着手にかかっている模様です。今後もとても
期待してしまいます。

なんだかんだ好き勝手言っておりますが、口で言うのは簡単
なんですよね。ほんとに、創るっていうのは大変なんですよ!
だからこそ、試行錯誤して出来上がった時の感動は
苦しんだ分だけ大きく自分に返ってくるのだと思います。

このゲームに出会えた事と制作者様、視聴者の皆様に感謝をしつつ
新実況に向けてゲヘゲヘしてこようと思います(ゲヘ
スポンサーサイト
[20110923]
にぃらめっこしぃましょ、笑っちゃダメよ、あっぷっぷ。
小学生時代にやっていた遊びをなぜか急に思い出した。
今の小学生達は、一体どんな遊びが流行っているのだろう。
気になるところです。

そんな訳で、Upっぷしました。


次回は、いよいよ最終回になります。ユニちゃんとあんなことや
こんなことになってしまいます(意味深

- 近状報告 -
仕事が鬼のような量なので、残業せざるを得ない状態です。
よって、更新速度が非常に落ちてしまっていますが何卒
ご理解ください。
次回の投稿は、アイワナを先行しようと考えています。
ドM魂が疼いております故、今から盛大に散ってこようと思いますよ。
そんな訳で、暫しお待ちください。


以下、戯言 歴史とは?

歴史なんてものは、その時代に生きていた者にしか真実がわからず
現代ではいくらでも仮説と捏造ができてしまう。
現代を生きている者ですら、真実が見えづらい昨今だが、
実は今も昔も大して変わってないのかもしれない。
ハナシを更に遡ると、ビックバンで宇宙が誕生したなんて
漠然としていて、どうもピンとこない。だから、真実が常に重要かと
言うとそうでもない時があるということだ。騙されて生きるのが嫌だと
思う人が大多数かもしれないが、楽しめる人生になるのであれば、
私はすすんで道化師になろうと思う。
[20110909]
不貞寝しよう!意外に脳内が整理されてリセットされた気分になり、
リフレッシュされます。それでも駄目な場合は、好きな音楽を聴くと
テンションやモチベが上がったりします。
なぜこんな話をしているのかと言えば、今 自分が凹んでいるから
自分に言い聞かせているわけです(笑。
何事もうまくいかない時期って必ずあると思いますが、本当に
1つもうまくいかないと気が滅入ってしまうものですね…。
それでも足掻いて、日々を過ごすわけですがね!

そんなこんなで二本目が完成しました。良ければ見テッテッテ~


本日の格言
・どの分野にも言えることだが、簡単なものほど難しく、奥が深い。
 矛盾しているが分かる人には分かるはず。
 簡単だと言い放っている者は、それはまだ、極めていないからだ。
[20110825]
俺からネタをとったら何が残るっていうんだ!?
そう、何も残らないっ!!


初めてネタを控えてみたけど、動画的に大丈夫か不安でした。
が、どうやら少しは受けているような反応だったのでHOTしました。
しかし課題は山積みですね、ゆっくりさんの読む「間」に注意を払って
編集しているものの、どうも弾丸トークになっている部分が目立ち
視聴者様側からすると若干疲れてしまう気がしますね。
他にも修正点は多々ありますが、除々に改善していかねばっ

ふと、「FF13という一本道迷宮がある」ってコメントに目を通してしまった僕は
思わず吹いてしまった。FF13はプレイしていないので詳しくないのですが。
プレイ動画などで見た限りだと、本当にほとんど一本道のようですね。
なので確かに、FF13の一本道は違う意味で迷宮入りしているような気がします。
こんなことを言うとファンの方に怒られてしまいそうですが(汗。
安易な予想としては、グラフィックに容量をとられて構造までの容量を配慮
できなかったとか、そんなところですかねぇ。
ただ、グラフィックは凄いですよね。その技術には、つい唸ってしまう程です。


以下、哲学っぽいもの

今回の動画のタイトルでも使っている「フツー」という言葉。
よく日常会話で「普通」という言葉を使うことがあると思いますが。
普通って何が普通なんだ?どこまでが普通なんだ?と疑問を抱くことは
ないでしょうか?なんとなく普通って言ってしまいますし、なんとなく
相手に伝わりますよね。
そこで考えた結果、「普通」と「常識」という言葉が、似ている気がします。
どちらも、どこまでが普通でどこまでが常識か。境界線が曖昧です。
なので、こう考えてみました。一個人の中にある「普通」や「常識」が
「フツー」なのだと。だから十人十色で十人いれば十人の「フツー」があり
百人いれば百人の「フツー」が存在する。その人のキャパシティ(許容範囲)
から少しでもはみ出せば、それはその人にとっては「フツー」では無くなる。
なので、一般的に使われている「フツー」とは一人の人の「フツー」に
多数の共感を得られるものが「フツー」となるのだ。逆に少数の「フツー」は
「フツー」では無いとされてしまう。
だから、悪いケースでは少数の意見や思想は淘汰され、良いケースでは、名誉や
偉業などとされる。

うむ、実に分かりづらい自論でした(笑。
copyright © 2005 らしる all rights reserved.

Template By innerlife02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。