自由とは己の行動力で無限に広がる可能性。
[------]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--------(--) --:-- スポンサー広告 編集 |
[20120614]
だるまさんが、転んだ。ってネタを入れたいと
思った時には、動画が投稿されてました。


千代「第一章が終わってしまいましたね。」
松尾「そうじゃな。」
千代「色々ありましたけど、謎だらけです。」
松尾「美しいグラフィックの技術とかな。」
ミツ「…すう、…すう……」
千代「分かった事と言えば、松尾様がバイってことくらいですか。」
松尾「フヒヒ。」
お水「何はともあれ、第二章も楽しみですね!」
千代、松尾、ミツ「…すう、…すう……」
お水「ふふ♪」
スポンサーサイト
[20120518]
っていう題名。


……でってYOU
[20120428]
part2をうpしました。


所々に凝った演出が散りばめられていて、
つい夢中になり、惹き込まれてしまう。
まだ第一章を編集し終えていないというのに、
第二章が早くも待ち遠しいでござる!
[20120417]
始まってしまいましたよ、新実況。


タイトル画面のセンスの良さから期待を抱き。
ハコを開けるとそこには。
これは…、こんなのツクールじゃないよ!!
アニメーションが見れるわ、マップチップの緻密さが異常だわ。
リアルへの再現度がハンパない。
BGMやSEの拘りもガツンと伝わってくるではないか。

更にはストーリーの構成も良く、実在する五泉市を見事に
描いている。ついつい「すげぇ…」の一言を呟いてしまう。
まさに感服である。

同一作者の作品で、「不死鳥の棲む街」というゲームがある。
こちらも同じくガンアクションRPGなのだが、
個人的には、少しだけ操作が難しいように感じた。
しかし今作の「神様症候群。」は、操作性も良く、システムも
シンプルになっていて、心地よくプレイできるものになっていた。
マイナスな面だと、捉えてしまう方もいるかもしれない
アクションパートでは、銃を構えると動作ができず、キャラが
固定されてしまうが、このリスクこそが醍醐味であり、スリルを
生み出しているのだ。
ここまでレベルが高いゲームに出会えた、この喜びを皆様にも
味わって頂きたい!という推しつけをしてしまうくらい
ベタ褒めですが、本当にゲーム性が高く、面白い、素晴らしい
ゲームだと思います。

part2からアクション要素が強くでてきて、より楽しめるものと
なっていますので、是非ご期待ください。
と言いつつ、まだ編集していませんけどねっ。
copyright © 2005 らしる all rights reserved.

Template By innerlife02

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。